胡蝶蘭を贈ろう!

蘭の花には様々な種類があり、綺麗な花で見る人の心を癒してくれます。
一般的に蘭にはたくさんの種類がありその中でも一際人の目を引いて癒してくれるのが胡蝶蘭です。

胡蝶蘭という花、聞いたこともある人も多いかと思いますが、よく冠婚葬祭や贈りものなどに使用される花です。
胡蝶蘭は花言葉が縁起がいい他、花そのものも上品で美しいために贈り物に最適と言われています。

最近はギフトなどで胡蝶蘭がよく用いられますが、価格も高く、安い花でも贈り物用となると概ね
1万円ほど、高いものだと5万円以上になります。

もちろんそれだけ高いものは大きさも他のものより多く、政治家やお金持ちの方や特別な日だけに取引されます。

また退職祝いなどで部下の方がいっしょにお金を出し合って贈り物として贈ったり。
会社からの経費などで支払われるために一般的にはプレゼントなどで胡蝶蘭を贈る場合というのはそこまで高いものは贈らないようです。

私の場合は対会社として知り合いのお店の開店のお祝いに贈ったり、取引先の親族の方の冠婚葬祭などの際に贈ったりしています。
また最近は比較的安い胡蝶蘭も通販で手に入り、5000円程の予算で相手に贈ることも可能です。

基本的に贈り物用の胡蝶蘭は高めですが、個人で観賞用としての胡蝶蘭はもう少し安い価格で手に入ります。

胡蝶蘭はお店でも販売していますが、最近は通販でギフト専用の胡蝶蘭がそのまま贈りたい相手に贈れるので人気です。

ところでこの胡蝶蘭花なので必ず枯れてしまいます。

しかし植物としては生きているので、また来年に花を咲かせることも可能です。
一部の蘭園ではこういう枯れてしまった胡蝶蘭を回収してまた育ててくれるとこともあるんです。

贈り物ですが、育てる楽しみもあるのも胡蝶蘭の魅力と言えるでしょう。

 

胡蝶蘭のギフト特集、お祝いにあった花の贈り物

カテゴリー: 胡蝶蘭の贈り方 | コメントは受け付けていません。

贈る際にはラッピングを施そう

胡蝶蘭は最近ラッピングして贈るのが流行っています。
このラッピングですが昔は綺麗なラッピングで花を盛り上げるものが多かったのですが、最近では工夫を凝らし、胡蝶蘭の花びらや
葉に文字やメッセージを施すものもあります。

いわゆる化粧蘭と呼ばれるもので価格はやや通常のものよりも高くなりますが、贈られる側にはインパクトやメッセージが伝わりおすすめです。
特に選挙で当選した際に贈られる胡蝶蘭にはこの化粧蘭が多いそうです。

また長寿祝いにもこの化粧蘭は喜ばれるのでもし親族の方の長寿などのお祝いの際には家族から贈ってみてはいかがでしょうか?

最近はいろいろなイベントなどでも使用される胡蝶蘭ではありますが、もしもらった場合は育ててみるのも楽しみの一つです。
胡蝶蘭は基本的に寒さに弱いので、蘭園などではハウスなどで栽培されているそうです。

私も一度育てたことがあったんですが、結局あまりきれいに花が開かなかったので、やはり育てるのは難しいのかもしれません。
植物として育てることは問題ないのですが、きれいに花を咲かせるとなるとそれなりに育てる技術が必要なのでしょうね。

基本的には根腐れしやすいので、水のやりすぎは禁物です。
亜熱帯の植物なんですが、実は崖などにもともと咲いていた植物なので乾燥よりも湿度にはそこまで強くないのです。
また虫などもわきやすく、私もこれで一度枯れてしまいました。

胡蝶蘭をもしもらった場合はラッピングは最初にはずす方が無難です、ラッピングがあるとこれも水はけを悪くして胡蝶蘭が傷みやすくなります。
ラッピングはあった方がキレイなんですが、もしキチンと育てたいのであれば最初にはずしてしまいましょう。

もちろんすぐに外さなければ枯れるということではありません、もともとインテリアとしても使用され、最初の一週間ほどはきれいに花を咲かせてくれるのでその後から外してみましょう。

カテゴリー: 胡蝶蘭の贈り方 | コメントは受け付けていません。

大輪胡蝶蘭とミディ胡蝶蘭の違いとは?

贈り物として人気の大輪胡蝶蘭とミディ胡蝶蘭、どちらも似てるのですが、花の大きさがミディ胡蝶蘭の方が小さく、
コンパクトになっています。
上司の方に贈る場合や取引先などに胡蝶蘭を贈る場合は大輪胡蝶蘭がおすすめです。
また親しい人などのお祝いなどはミディ胡蝶蘭が喜ばれます。

特に女性はミディ胡蝶蘭の方が好きと言われており、ミディ胡蝶蘭ハルガスミなどはその名のとおり桜を連想させる美しい花で私も大好きです。
胡蝶蘭は基本的に贈り物の場合は切り花ではなく、鉢植えですので「幸運が根付く」といった意味もあります、女性に贈ると喜ばれます。
また色もさまざまな種類があり、黄色、ピンク、白、紫などあるので贈る側も相手の好みに合わせて送ることも可能です。

最近胡蝶蘭が人気なのは実は長寿のお祝いの際です。
米寿や喜寿などの際は紫色の胡蝶蘭を贈ったり、最近ではリップと呼ばれる紅白タイプの胡蝶蘭も喜ばれています。
私もリップは育てていたんですが、中央が赤いので女性の方にとても喜ばれます。

ちなみにお葬式などのお悔やみの際は必ず白い胡蝶蘭を贈りましょう。
胡蝶蘭というとおめでたい席に飾る花だと思っていたのですが、意外とお葬式でも静かなたたずまいを見せてくれるのです。
死者を弔う際に向いてる花だと感じました。

大輪胡蝶蘭はおおむね10000円~30000円ほどしますが、もしどのくらいの値段を贈っていいのかわからない場合は一度花屋さんで聞いてみるといいでしょう。

私の場合は友人などにお祝いで贈る場合は5000円程度のもの、取引先のお祝いなどは20000円程度の胡蝶蘭を贈るようにしています。

 

カテゴリー: 胡蝶蘭の贈り方 | コメントは受け付けていません。

結婚55周年に胡蝶蘭

結婚55周年を記念するエメラルド婚式に使用されるお花が胡蝶蘭です。
もちろん結婚式などでも胡蝶蘭を贈る場合もあります、
基本的には胡蝶蘭を贈る場合は白を贈りましょう。
白は清純や潔白などのほかに魔除けの意味もあります。
胡蝶蘭自信の花言葉が幸せがやってくるに言われるように胡蝶蘭は縁起の良い花なのです。
もし贈るのであればメッセージなども添えて贈りましょう。
私の知り合いもこの間エメラルド婚式を挙げたので、私も胡蝶蘭を贈りました。
大変おめでたい席にぴったりの花だと思いました。

また胡蝶蘭の色選びですが、私の場合は開店祝いなどは白と決めています。というのも白い胡蝶蘭はどこでも合うのです。
特に開店祝いというお店が一番きれいな状態に似合う花は白いものが定番とされています。
確かに紫や黄色でも胡蝶蘭自体がキレイなのでいいのですが、やはり無難というか一番似合うのは白ですね。
昔は花輪と呼ばれる花が贈り物によく使用されていました。
最近ではあまりみかけなくなりましたが、丸い板に花をさしてあるものです。
よく新装開店などはこの花輪を見かけましたが、最近はほとんどこの花輪の代わりに胡蝶蘭を使用するケースが増えてきてるみたいです。

カテゴリー: 胡蝶蘭の贈り方 | コメントは受け付けていません。

胡蝶蘭を育ててみよう

最近知り合いが立て続けに退職されたので胡蝶蘭をもらったそうですが、育て方がわからないということで私が預かり育てることにしました。
胡蝶蘭は乾燥に比較的強いと書きましたが、実際そこまで強くないそうです。
あの太い根に水分を蓄えているそうですが、そんなにもたないんだとか・・。

また水のあげすぎも弱いのでちょっとデリケートな花だとは思うんですが、あとは温度管理さえしっかりしていれば
そんなに日当たりのいい場所に置かなくてもいいし、ほったらかしでいいみたいです。
ただし、きれいな花を咲かせようと思うんであればそれなりの手間はかかるんだとか。

私の知り合いの人はこの胡蝶蘭を工夫して小さいものは他の植物に植樹させるそうです。
梅の木などに植樹するとちょうど胡蝶蘭が咲き乱れる春あたりにきれいに花が咲くそうです。
今度写真をとらせてもらおうと思うんですが、実際梅と胡蝶蘭って合うんでしょうかね?
その人の場合は梅の木は外なので当然胡蝶蘭も外なんですが、これはあくまで九州地方だからできることでしょう。
基本的に胡蝶蘭は霜に弱いので根腐れしてしまう恐れもあるので寒さには注意が必要です。

特に大型の花は霜に弱く、栽培が難しいのでできれば室内で育ててあげたいですね。

カテゴリー: 胡蝶蘭の贈り方 | コメントは受け付けていません。